知っておいて損はない生活の知恵特集です

ちょっと便利な生活の知恵

料理関係

天ぷらの上手な温め直し方

更新日:

天ぷらは揚げたてはサクサクで美味しいけど、どうしても時間が経つとしなっとなってしまいますよね。

また、天ぷらを電子レンジで温め直すとベチャッとしてしまいます。

しなっとしたりベチャッとしたりするとせっかく美味しかった天ぷらも、美味しくなくなってしまうのでガッカリです。

 

スポンサードリンク


 

でも、揚げてから時間が経過した天ぷらを、美味しく食べることができる方法もあるので諦めないでくださいね。

ということで今回は、天ぷらの温め直し方についてまとめてみることにしましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね!

◇水に浸してからもう一度揚げる

天ぷらを電子レンジでチンしたら、どうしてもベチャッとなってしまうよね。
揚げたときはあんなに美味しかった天ぷらなのに、残念な気持ちになることも。
そこでおすすめなのが、天ぷらを温めなおすときにまた揚げるという方法。
そのまま揚げるのではなくて、揚げる前に天ぷらを水に浸して水気を切るのがポイント。
このように温め直したら、サクサクの美味しい天ぷらになるのでテンションが上がるから、ぜひ試してみてね。

◇トースターで手軽に温め直す

天ぷらの温め直し方としておすすめなのが、トースターを使う方法。
まずは天ぷらをアルミホイルで包んで、熱に近いところで温めて。
すると表面から水分がなくなるから、サクサクの天ぷらが蘇るはず。
温める時間は短めにして、様子をチェックしながら温めよう。
スーパーで買った天ぷらも、トースターを使ったら手軽に美味しく食べることができるよ。
しなしなの天ぷらとはこれでサヨナラできるね。

◇油をひかずにフライパンでじっくりと温める

一人暮らしをしている人でも、ほとんどの人がフライパンを持っているよね。
わたしが天ぷらを温め直すときは、フライパンでカリカリにしている。
温めるときに油を使わないのがコツ。
フライパンに天ぷらを乗せて表面をカリカリにするんだけど、焦げないように弱火で天ぷらの両面を温めてね。
強火にしたら天ぷらからたくさん油が出てきて、逆にしなしなになるから弱火で根気良く温めるように。
最後にキッチンペーパーで天ぷらの油を吸い取れば、カリカリの天ぷらが完成!

◇魚焼きグリルで魚を焼くように天ぷらを温める

台所に魚焼きグリルがある人は、それを利用して天ぷらを温めるのがベストかな。
魚を焼くときと同様に、天ぷらをグリルに乗せたらOK。
片面を3、4分くらい焼けば揚げたてのような天ぷらができるので感動するよ。
お惣菜の天ぷらも前日の残りの天ぷらも、本当にサクサクになるからスゴイ。
うちでは、魚を焼くよりも天ぷらの温め直しにグリルを活用することのほうが多いかも。

◇電子レンジで天ぷらを上手に温めるときのコツ

天ぷらを温め直す時に、どうしても電子レンジしか使えないという状況にいるときもあると思う。
でも、電子レンジで天ぷらを温めたらしなしなになるのがオチ。
そこでお伝えしたいのが、天ぷらにキッチンペーパーを乗せるという方法。
それだけでけっこうベチャッとするのが抑えられるよ。
また、最近は電子レンジに揚げ物の温め機能が付いているものもあるから、せっかくの機能を見逃さないようにチェックしておこう。
友達の電子レンジにはその機能があるらしくて、「電子レンジでサクサクになるからビックリした!」って言ってたわ。

天ぷらの温め直し方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「そういう方法があったんだ!」と驚いた人もいるかもしれませんね。

一手間かけるだけで、天ぷらがサクサクになるということがわかりました。

天ぷらの温め直し方は色々とあるので、上記の方法の中から自分が取りかかりやすい方法を選んで、サクサクの天ぷらを楽しんでくださいね。

-料理関係

Copyright© ちょっと便利な生活の知恵 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.